麻雀の読みについてまとめた記事

麻雀の「読み」について書いた記事です。

私は「待ち牌読み」はあまり重要視していない打ち手ですが、けっして「読めない」というわけではありません。

「待ちを読まない」ほうが良いと思う場面が多いと考えていますので、振り込みを回避するための「読み」とはすこし目的が異なります。

 

 

●一般的な麻雀戦術書などとは違った方向から入る「読み」の習得方法について書いています。

【麻雀の読み方】捨て牌をどう見れば良いのか?
麻雀は「読み方」を知っている人と知らない人に分けられます。リーチがかかったてから読もうとする人が多いですが、彼らは読めてはいないでしょう。リーチがかかってから読んでも遅いんじゃないかな、と私は思います。読むなら最初から読まないと手遅れです。基本的な読み方、捨て牌をどう見ればいいのか?練習方法など麻雀が・・・

 

●「役読み」は牌の偏りを意識することが重要ということを書いた記事です。色の偏りは見えやすいですが、順子や対子、数牌と字牌、上や下の偏りなどを意識できるようになるきっかけになれば幸いに思います。

【麻雀】役を読むには牌の偏りを意識することが必要
「麻雀の役を読むにはどうすればいいのか?」 まだ初心者の方はこれがサッパリわからなくて悩んでしまう方も多いかと思います。 捨て牌を見てもまったく何もワカラナイし、何をどうすれば読めるようになるのかもワカラナイかもしれません。 ...

 

●「読み」と「読まれないようにする」ことの必要性の有無などについて書いた記事です。「迷彩」については完全否定しています。参考になれば幸いに思います。

麻雀は「読む」のも「読まれないようにする」のも無意味?
他人様の麻雀を見ていて気になるのが、 「読む必要の無い時にも読もうとしている」というのがあります。 読んでも意味がないというか、読めたとしてもどうせやることは同じならそもそも読まなくていいし、神経をつかってとても疲れるだけなので...

 

●捨て牌を分けて読む練習方法について説明した記事です。

捨て牌読みの練習の仕方
捨て牌読みは練習しないとできるようにはなりません。どういう練習をするのが良いのかというと、とにかく「予想する」ということを何度もやってみるというのがおすすめです。 この時、始めからいきなり「待ち牌」を予想するのではなく、も...

 

●牌の価値についてキチンと理解すると読みの精度が上がるという話をしています。

牌の価値を理解すると読みの精度が上がる
麻雀で捨て牌を読むには、手作りする上での牌の価値を理解する必要があります。 これをあまりよくわからずに捨て牌を読もうとしても、なかなか読みが当たらないのではないかと私は思います。 牌の価値について理解が深まれば深まるほど読みの精...

 

●読みの基本を1から説明していこうと書き始めた記事ですが・・・まとまっていないので参考程度にしておいてくださると助かります(^_^;) すいません

麻雀の読みの基本をまとめてみようと試みて・・・たぶん途中で飽きる(え?
本記事では「麻雀の読みの基本」について書いています。この記事を読むと「読みの基本的なやり方」がわかるので、敵の捨て牌を見てもさっぱり読めなかった状態から脱出するきっかけになります。上級者、中級者向けの内容ですが、初心者の方でも軽く見ておくと...

 

●視点の活用方法について順を追って説明しています

視点の話①と例の続き
「視点の話」と題しまして視点を変化させる手法について説明していきます。これは麻雀だけでなく他のジャンルでも応用がきく考え方で、しっかりと理解すると色々な場面で役立つ考え方です。 複雑な情報を扱いやすくしたり、範囲を広げたりする手法をざ...
視点の話② 文章化を意識する
前の記事で視点の話をしましたが、この記事ではさらに深いところまで説明していきます。 「視点を変えることは誰もが自然とやっている」 「文章化の極意」 「似たようなものにも流用できる」 この3本立てでいきます。 ...
視点の話③ 文章化したセリフを活用する
この記事は視点の変化の応用編です。前の記事で文章化したセリフを最大限に活用する方法を説明していきます。 というか、実はもうほとんどこれまでの記事でやり方は説明したんですよ。 「視点を変えて捨て牌を文章化するくせをつける」...

 

●手出しとツモ切りについて書いた記事です

手出しとツモ切り
麻雀の打牌は手出しとツモ切りに分けることができます。他家が打牌する時にどちらだったのかをよく見ておくと、相手の手配を読む上で有用な情報となります。 でも初心者のうちはそこまで見る余裕はありませんし、見ただけで役に立つわけでもありません...

 

タイトルとURLをコピーしました