読み

麻雀の「読み」について書いた記事です。

私は「待ち牌読み」はあまり重要視していない打ち手ですが、けっして「読めない」というわけではありません。

「待ちを読まない」ほうが良いと思う場面が多いと考えていますので、振り込みを回避するための「読み」とはすこし目的が異なります。

 

 

●一般的な麻雀戦術書などとは違った方向から入る「読み」の習得方法について書いています。

【麻雀の読み方】捨て牌をどう見れば良いのか?
麻雀は「読み方」を知っている人と知らない人に分けられます。リーチがかかったてから読もうとする人が多いですが、彼らは読めてはいないでしょう。リーチがかかってから読んでも遅いんじゃないかな、と私は思います。読むなら最初から読まないと手遅れです。基本的な読み方、捨て牌をどう見ればいいのか?練習方法など麻雀が・・・

 

●「役読み」は牌の偏りを意識することが重要ということを書いた記事です。色の偏りは見えやすいですが、順子や対子、数牌と字牌、上や下の偏りなどを意識できるようになるきっかけになれば幸いに思います。

【麻雀】役を読むには牌の偏りを意識することが必要
「麻雀の役を読むにはどうすればいいのか?」 まだ初心者の方はこれがサッパリわからなくて悩んでしまう方も多いかと思います。 捨て牌を見てもまったく何もワカラナイし、何をどうすれば読めるようになるのかもワカラナイかもしれません。 ...

 

●「読み」と「読まれないようにする」ことの必要性の有無などについて書いた記事です。「迷彩」については完全否定しています。参考になれば幸いに思います。

麻雀は「読む」のも「読まれないようにする」のも無意味?
他人様の麻雀を見ていて気になるのが、 「読む必要の無い時にも読もうとしている」というのがあります。 読んでも意味がないというか、読めたとしてもどうせやることは同じならそもそも読まなくていいし、神経をつかってとても疲れるだけなので...

 

 

タイトルとURLをコピーしました