配牌から構想を練る訓練の例1~2

手順

麻雀が強くなるための訓練として「配牌から構想を練る」というのがあります。とても有効な訓練方法なのですがその有効性を理解している人はあんまりいないです。

実際にやりながら説明していきます。

※萬子は漢数字、索子は数字、筒子は○付きの数字で表記します。字牌は東、南、西、北、白、發、中。

 

配牌から構想を練る訓練の例

状況は特に何も説明がない場合は東1局の西家とします。赤ドラは各色に1枚ずつが入ってます。

 

例1 ドラ 北

索子の部分はほとんど出来上がっていますので索子で2メンツ、筒子の上のほうで1メンツ、にくっつけて1メンツ。「立直ツモ赤1」でも十分だが、1を処理して「喰い断赤1」への道も見ておく。

最初から暗刻が2つできてしまっているのでトイツ系の役は意識するが、があるので三暗刻にはあまりこだわらない。

 

一見とても良さそうな配牌に思うかもしれませんが、私にしてみると、字牌が1枚も無いことで嫌な予感がする※配牌です。

何をツモってきても八を切ることになりそうですが、もし最初のツモで七、六あたりを引いたら(非常に迷う形になってしまうので)要注意と考えます。

 

配牌から意識した理想最終型は、

⑧⑧⑧23334567

③⑥待ちの「立直ツモタンヤオ赤1」となります。

 

※参考記事

雀鬼流の「第一打字牌切り禁止」のメリット
雀鬼流の「第一打字牌切り禁止」には多くのメリットがありますが、すぐに見えてくるようなものではないので理解できる前にやめてしまう方も多いです。ここでは私なりに解釈したメリットを詳しく解説しています。雀鬼流で打つつもりがなくても、「第一打字牌切り禁止」の有効性がわかれば、少しずつ実戦に活かしていくこともできると思います。

「③第一打に字牌を選ぶことが難しい時は、自分の状態が良くないという一つのバロメーターとなる」を参照

 

例2 ドラ 三

ドラが三なので萬子の下で1メンツ、白で1メンツ、6にくっつけて1メンツ、⑥のあたりで1メンツ。「立直ツモ白ドラ1」という方向を見ます。

下のほうに123の三色の芽がありますが、「一応は気にしておく」という程度です。辺張待ちになりそうであることと、チャンタ系にはなりそうにないのであんまり重視しません。

でも最初のツモで三、①、②、3のいずれかを引いた場合は三色の方へ向かうために⑧を切ります。

 

赤ドラが1枚ずつ入っているルールなので6と⑥を軽く意識しますが、この配牌で気になるところは実は他にあります。

萬子には一、四、七のスジ牌。筒子には③、⑥、⑥のスジ牌。そして字牌の白がトイツで入っている。

このことからトイツ系の方向へ進むのではないかと感じます。実際にそうなっていくかどうかは、ツモと全員の捨て牌を見て判断していきますが、この配牌の時点で順子系の手にはまとまらないような気がしています。

 

でも一応の理想最終型は、

二三四⑤⑥⑦11567白白

1(または2)と白の「立直ツモ白ドラ1」を見ます。すこし強引ですけどね。

 

でも実際のところは白を鳴いて白ドラ1がいいところでしょう。またはトイツが増えていきチートイツへとずれていくか、萬子か筒子がたくさん寄ってきて混一色の方向へと進むか。

色々な可能性を感じるちょっと面白い配牌ですね。

 

あとがき

試しに2つの例をあげてやってみましたが、いかがだったでしょうか?

たかが配牌と思うかもしれませんが、これだけ色々なことが考えられるものなんです。

麻雀を打つほとんどの方はこれをやっていません。

 

ツモってから何を切るか考えるという人がほとんどだと思います。

でも配牌をとった時点で構想を練るということをしていくと、ツモってくる前に方向性がほぼ決まっているようになります。

この差は非常に大きいです。

 

実戦時はもちろんですが、もっと重要なのは成長スピードです。このトレーニングをやるのとやらないのでは大違いです。

もちろん、やったほうが麻雀の上達は早くなります。

 

今回はひとまず以上です。

 

次の記事はこちらです

配牌から構想を練る訓練の例3~4
配牌から構想を練る訓練の例の第二弾です。 これはいずれは実戦でも行うようにするのですが、慣れないうちは一人でじっくりと行いましょう。 麻雀牌を持っている方は自分で牌を並べてじっと見つめながら、満貫を意識してアレコレ考えてみると良...

 

対子系のくだりが気になった方はこちらを参考に

対子場をうまく利用しないと麻雀は勝てない
麻雀には対子場、順子場という言葉があります。今の麻雀業界は順子手ばかりを重視する傾向にあります。でも麻雀は対子場をうまく利用しないと勝てないんです。なぜなら麻雀の場は順子手が和了りやすい順子場ばかりではないからです。さらに言うなら麻雀の場は他にも種類があります。順番に説明していきましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました