アガラスはしないほうがいい

天鳳で遊んでいてもたまに見かける「アガラス」

さっき熾烈なトップ争い(2位との差が700点)をしている時にやられちゃいました。

そのおかげで私がトップになったとはいえ、勝負に水をさされたわけですから興ざめすることはなはだしいし、こういうトップは嬉しくありません。

 

怒りを感じるというよりは悲しいですね。

まだよくわかっていない初心者の方がやっちゃうのは仕方がないんですが、なんか高段位の人でもやっちゃうみたいですね。

天鳳で高段位者がアガラスしていたのを目撃

これはたまたま偶然だったんですが、天鳳の高段位の方の対局を観戦できるとこに、見覚えのある名前があったので気まぐれに覗いてみたんですよ。

雀鬼や某団体への悪口などを妙なテンションでブログに書いている人です。

別にこの人に興味はないのですが、あんなに偉そうなことをブログに書いている人がどんな打ち筋なのか・・・と思ったわけです。

どうせたいしたことないんだろうけど、あれだけ大きな口を叩くからには最低限それなりの・・・何かあるのかな、と一応ね(^_^;)

 

ちょうどオーラスでその人はダンラスで7500点ぐらい。すでに10巡目ぐらいで、手牌をぱっとみてトップ、2着はほぼもう無理。3位に上がるには満貫ツモか上家から3900直撃ぐらいだったと思います。それとすでに対面からリーチがかかってる。

これはもう条件が厳し過ぎる感じだから、勝負の邪魔にならないようにおとなしくベタオリするのもやむなし、もし行くのであればツモって満貫確定のリーチをかけて、ツモるか上家以外から出ても見逃し。

私ならそうする局面だった。

っていうか・・・私ならギリギリまで役満を狙ってダメならおりるという道を選ぶ。

 

でもこの人はピンフドラ1でリーチしちゃったんですよ。

「そもそもどうしてそんな手をつくってるのか?」

というのもそうですが、満貫確定しないならリーチしたって意味がありません。

あがったって裏ドラがなければラス確定ですから。自分自身で頑張ってラスを決定しようとしてどうするんです。

 

で、数巡後に対面から当たり牌が出てロン。

うわ・・・見逃しすらしないのか・・・せめてツモ限定だろうに。裏ドラ乗らずラスで終了。

 

この人は天鳳のゲームでは7段という高段位です。ブログにもかなり偉そうなこと書いてます。

よくわかりませんけど過去に天鳳位というのも経験済みみたいで本人はどうやら自慢げみたいですよ。

そんな人がアガラスしちゃうって・・・

本当に強い人はアガラスなんて絶対にしない

裏ドラ1枚で3着になるかもしれないリーチではありますが、こんなの本当に強い人は絶対にやりませんよ。

こんなみっともないことをやってしまうぐらいなら、潔く素直に負けを認めます。そして、せめて勝負の邪魔をしないようにおとなしくしているでしょう。

これは打ち手としてのマナーで、わかってる人はみんなやってることですし、アガラスは恥ずかしいという意識も持っているはずです。

 

アガラスというのは自分一人の都合だけでそれまでの勝負を台無しにしてしまうものです。

その人の身勝手な都合で他の人全員が迷惑を被ることになります。

場合によっては殴り合いの喧嘩にだってなりうるまぁまぁな迷惑行為なんですよ。

 

もう一度言いますが、これを初心者の方がやっちゃうのは仕方がありません。

わかっていないからやっちゃうってゆーのは仕方がないんですよ。

麻雀への理解を深めてこれからわかるようになっていけばいいんです。

 

具体的には順位についての考え方とオカやウマについて学び、トップの真の価値を理解すればアガラスは無意味というのがわかるはずです。

点数計算をおぼえたら次は順位を意識することが上達への近道
点数計算をおぼえたら次は順位を意識することが上達への近道です。 初心者のうちは何も考えずにあがりを目指していたかもしれませんが、このあたりでそれは卒業しましょう。 そうしないとそこから上達していきません。 そして周...
オカとウマ 具体例をあげてわかりやすく解説 
麻雀にはトップ賞(オカ)と順位点(ウマ)というものがあり、これを理解して打つのと理解しないで打つのでは雲泥の差があります。この記事ではその2つをわかりやすく具体例をあげて解説しています。この記事を読んでオカとウマを理解すると上達への道も自然と見えてきます。 ※以降は「トップ賞」「ウマ」で統一して表記します。

 

記事をお読み頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました