麻雀はツモが良ければ簡単に和了れる

麻雀はツモが良ければ簡単に和了れます。

良い配牌をもらって喜ぶ方も多いですが、いくら配牌が良くてもツモが悪ければ和了れません。

下の動画のような良いツモなら怖いもの無しです^^

 

 

動画では大騒ぎしていませんが、ドラ表示牌の7をひいた時にはさすがにビビリましたね。動画をよく見るとわかりますけどラス牌です。

「どうせ7索待ち聴牌になってリーチもかけられずに手変わりもせずでなかなか和了れないんでしょ?」

みたいに思ってたのに先にその7を引いてリーチですもんねぇ(^_^;)

さらに一発ツモ・・・は私は逃してしまいましたがはずしても2発目で和了れるようになっていた。

 

ツキというのは恐ろしいものですね。

自分だから良かったけど、こんなツモの人が卓にいたら一緒に打つのイヤです。

さっきの動画ほどではありませんが下の動画もなかなかのものです。


流れが良ければ簡単に和了れます。

牌がわかりやすく来てますから迷うこともあまりないです。

ツイていない時のツモは難しいですからね(^_^;)

 

これもかなりツイている状態の動画です。


流れがよければ誰でも和了れますし、振り込みもしません。だってそもそも当たり牌を引きませんから。

ツイている状態というのは実力はあまり関係ない場合が多いんです。

まぁ、実力がある人は実力が無い人よりもさらに手を大きくできるというのはありますが、それすらできないような大きいツキもありますので、やっぱりあんまり関係ないですね。

 

麻雀の実力というのは、ツイていない時にどういう打ち方ができるかで決まると思います。

ツイていない状態をどうやってツイている状態にするのか?

それがわかれば怖いもの無しですね^^

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました