【Mリーグ】萩原聖人の運気や他選手との相性を調べてみた

12月7日に放送されたMリーグの対局。一回戦目はメチャクチャ長かったが、黒沢咲さんのセレブのツモとやらに魅せられましたね。高め狙いの打ち筋も見ていて小気味いい。

二回戦目は不調と噂の萩原聖人さんの麻雀と顔芸を楽しませてもらいました。

 

プロになったばかりで本業は役者さん。さぞかし強烈な色眼鏡で見られて妙な空気を感じておられるでしょうな。

対局を初めて拝見したのでまだよくわかりませんが、打牌スピードが速いし潔さも見えるので、不調というのは単にツイてないだけなんじゃないですかね(^_^;)

 

でも今回はトップを取りましたし、国士無双を聴牌したり、リーチ後に赤ドラ引いてツモ切った時の顔芸とか、見せ場がいっぱいあって「さすが役者さんだな」と感心しました(^_^;)

でもまぁ、麻雀はポーカーフェイスにこしたことはないので、表情に出るのはいずれはなんとかしたほうがいいかと思いますけどね。

 

さて、実は萩原聖人さんの運気を調べるついでに勢い余って他の選手も調べてしまい表とか作ったりしたんです。

まずはざっくりとですが書いていきましょうか。

 

【Mリーグ】萩原聖人さんの運気

1971年8月21日生まれの萩原聖人さんは金星人(-)ですね。今年2018年の運気は大殺界のラストにあたる「減退」という悪い運気です。

関連記事

「バカヅキの日はいつ?」天運を占いに頼って知る方法 
麻雀はツキさえあれば誰でも勝てる。 「バカヅキの日がわかれば絶対に勝てるのに・・・!」 そう思ったことがある人は手をあげなさい。怒ったりしませんから。 この記事では自分がツイている日を某占いに頼って知る方法を書いて...

 

萩原さんがずっと不調だったのは天運が良くなかったせいかもしれませんね。

「減退」は徐々に運気が良くなっていく時期ではありますが、基本的にはヤバイ時期です。

でも来月になれば大殺界から抜け出して「種子」という運気に入ります。

 

月運を見てみると、今月は「緑生」でまぁまぁな運気、1月は「立花」という良い運気、2月は小殺界の「健弱」でちょっと悪いです。

で、3月が最強運気の「達成」なんですよね。

 

Mリーグのシーズンが終了するのが3月なので、萩原聖人さんの「持っている」感じと合わせると、もしかすると面白いことが起こるかもしれませんね。

ただ、麻雀プロになった時期もMリーグに参戦したのも大殺界中なので、あんまり大きい達成にはならないかもしれませんね。

 

萩原聖人さんと他の選手との相性

せっかくなのでMリーグの選手全員の相性なんかも調べて表にしてみました。表の左の名前から見て、枠内が黄色の人は相性が悪い人、赤文字の人とは特に相性が悪いです。

表の右に黄色の人の人数、赤文字の人の人数をそれぞれ出しています。

※表をクリックすると拡大表示します。

 

萩原さんから見て相性が良くない人が大勢いてびっくりしました。

20人中12人と相性が悪いのですが、特に相性の悪い赤文字が8人もいるんですよね。

 

園田さん、前原さん、松本さん、茅森さん、二階堂さん、勝又さん、石橋さん、そしてチームメイトの瀬戸熊さん。

この中でも二階堂、勝又、石橋、瀬戸熊(それぞれ敬称略)の4名は天敵と言えるほどの一方的な悪い相性と言えます。つまりこの4人からしてみると萩原聖人さんはオイシイ相手となります。チームメイトの瀬戸熊さんとは同卓しないとはいえあまり良くないでしょう。

 

さらにここまでではないにしても、相性が良くない選手が他に高宮さん、白鳥さん、小林さん、朝倉さんの4名。

半分以上の人と相性が良くないからこれは苦戦しますよ。

 

この相性はバカにできないんです。本人にまったく悪気がなくても関係ありません。

その人の行動が及ぼす影響が萩原さんの邪魔になってしまうことになる感じなので、同じ卓に座ると悪影響になるし、チームメイトの中にもいるということで、何らかの悪影響があると考えられます。

 

たとえばですけど、瀬戸熊さんが萩原さんを励ましたり応援しても、萩原さんはそれを素直に受け入れられずに、むしろムカついてしまうかもしれません(^_^;)

または、瀬戸熊さんが萩原さんに気をつかって飲み物や食べ物を差し入れしたりすると、萩原さんの苦手な飲み物だったり嫌いな食べ物だったり・・・とかね。

 

誤解のないように書いておきますが、お二人の仲が悪いんじゃないか?と言ってるわけではありませんよ。これはあくまでも運命的な相性の問題なんです。

 

Mリーグ選手の運気表

せっかくなんで選手の運気表もここで公開しておきます。表はクリックで拡大表示します。

もっとも重要なのは2018年の運気と2019年の運気です。

ただ、これは選手一人一人の時期的な運気であり、あくまでも天運の部分だけです。麻雀の打ち手としての力量とも言える地運は無関係です。

でも天運があったほうがことあるごとにラッキーなので有利と言えば有利です。でも真に麻雀が強い人は地運がある人です。

 

だから表を見て運気が悪いのに成績が良い人は、麻雀が強いと考えていいかもしれません。逆に運気が良いのに成績が悪い人はあまり強くないと考えてもいいかと思います。

運気どおりの成績なら、まぁ、妥当というか・・・地運で天運をどうにかしようにも、それだけの力量を発揮できていないのかもしれません(^_^;)

もちろん強い可能性はあります。

 

ただ、Mリーグはチームとしての団体戦なので、チームについている企業の運気とか、監督がいるならその監督の運気のほうが影響が大きいかもしれません。

 

すこし例をあげてみると、たとえば個人成績でトップの園田さんは、2018年の運気は最強の達成です。妥当と言えば妥当です。でも強いかどうかはよくわかりません。もしかしたら天運での差で勝っているかもしれないわけですから。

2019年に入ると園田さんの運気は悪くなりますので、来年になってから成績がどうなるかが見ものです。運気が悪くなっても好成績を維持できるようなら強いのかもしれません。

でもこの人、無意味なアガラスをしちゃったので・・・もしかすると落ち始めるかもしれませんね(^_^;)

【Mリーグ】園田プロのアガラスに違和感
久しぶりに真面目にプロの対局を観戦してみた。 ABEMAテレビでやってた、12月6日のMリーグね。 一回戦の途中から見始めて、残り3局の展開がなかなか面白かったんですが、トップの人を楽に逃してしまうのはどうなのかな、とは...

 

もう一人、近藤さんは萩原さんと同じ運気で大殺界なのですが、それでも成績は上位のほうにいますのでとても強いのかもしれません。

 

こんな感じですかね。

それぞれの重要度などを書いておくと、もっとも重要なのは、2018年、2019年の運気、つまり年運です。これが60%ぐらい影響すると考えていいです。これに月運を20%ほど考慮して、選手同士の相性が残り20%です。

しつこいようですが、あくまでも天運と相性の話です。雀士としての力量部分である地運は考慮していません。

 

まぁ・・・細かいことをあげると他にもあるんですけどね。たとえば、麻雀と出会った時の運気が良かったのか、悪かったのか。麻雀プロになった時の運気、Mリーグに参戦した時の運気、対戦相手やチームメイトと出会った時の運気など。

もちろんそれに加えて打ち手としての力量である地運。

 

地運勝負になるような試合ならもっとも重要なのは天運じゃなく地運だけど・・・Mリーグではおそらくそれはない。

素人の私から見ても甘い打ち筋がいっぱい見えるから、無駄にツキを他人に流してしまってる。だからアヤが出まくってるし、天運、人運の影響のほうが強いと思います。

 

これだと必ずしも実力のある人が上になるわけじゃないんだよね。

仕方ないか。

 

 

タイトルとURLをコピーしました