ジャンナビの感想と評判などまとめ

麻雀ゲーム

ジャンナビで遊んでみた感想を、遊んだゲームモードを紹介しながらつらつらと書いていきます。

 

が、その前にすこし愚痴を書いておきます。

540円を支払ってジャンナビのプレミアムコースで一ヶ月近く遊ばせてもらいましたが、なんというか不案内なんですよねー。

退会したら残ってる日にち分がどうなるのかとか、わかりやすい位置に書いてないんですよ。退会しないほうへ誘導したいんでしょうけど、こういうのって逆効果です。

 

カードで支払ったんですけど、退会しなかったら自動で継続するのかどうかというのも、わかりやすい位置に書いてないのでわかりませんでした。

おそらくはクソ長い規約のどこかに書いてはあるんでしょうけど、確認しようとも思いませんでした。

どうしてかっていうと、リンクを押すたびに画面の切り替わりにそこそこ時間がかかるので、そのたびに待たされるんです。

 

しかも構造が非常にわかりにくく、ゴチャゴチャしていて迷います。

更新ボタンを押さないといけないのも、もう現在では古臭い感じがするし、なにしろ切り替わりが遅いので無意味な時間が増えます。

 

また、マッチングは自動で行われるんですが、人が来ないと一定時間経過時にCPUが一人入ってきて一緒に待つ形で、また一定時間経過するとCPUが一人・・・で、揃ったらCPU戦になるわけですけど、途中で誰かが現れるとCPUはいなくなってしまうので、また最初から待つわけですよ。

これだったら、プレイヤーのタイミングでCPUが入った状態でゲームが始められる雀シティのほうがいいです。最初から待っている場合はいつまで待たされるのかわからないのでイライラする形になることが多いです。

 

アバターで着せ替えできたり、和了った時の演出を変更できたり、豊富な称号や50段まである段位戦、チップのやりとりをするモードなど、楽しい部分もあるにはあるのですが、待たされてしまうようでは本末転倒かと私は思います。

 

「これなら天鳳のほうが快適に遊べるなー」

というのが正直なところです。

 

さて、では遊んだゲームモードごとに感想とか書いていきましょうか。

もしかしてもうジャンナビなんてどうでもいいですか?

どうでも良くない方はこのままどうぞ。どうでも良い方もどうぞお好きになさってくださいね(^_^;)

 

ジャンナビの段位戦(四人打ち)の感想

赤入りルールの東風戦です。

順位と得点によって経験値が得られ、何度かレベルアップすると段位が上がります。負けると経験値が下がり、時にはレベルも下がるのですが、初段以下の場合は段位まで下がることはありません。

気楽に楽しめるモードなのですが、半荘戦が無く東風戦の打ち方しかできないのが残念です。

 

ジャンナビの鳳凰天位戦の感想

一発や裏ドラ、カンドラ無しのルールで、競技麻雀っぽいモードです。赤ドラもありません。

段位戦で1級以上にならないと遊べないモードです。

 

手役を意識しないと手を大きくできないルールですので、すこしは強い人がいるのかなー?

などと思ったのは大きな間違いでした。

手なりで和了る人ばかりで無意味な和了りが発生して無駄に場が進み終わっていく・・・。

ちっとも楽しめませんでした。

 

ジャンナビの一局放浪記の感想

一局で終わってしまうゲームモードで、和了った点数に応じてコマを進める距離が決まり、全国を一周することを目指すモードです。

しばらく遊ばせてもらいましたが、なんというか、とても中途半端な感じがしました。

 

というのは、一局のゲームなので、とにかくなんでもいいから和了った人が1位になります。

ということは、スピード勝負なはずなのですが・・・

急いで安い手で和了ってもあまり意味はありません。

なぜなら、和了れないまま終わっても、安い手を和了っても、コマを進める距離に大差ないんです。

 

でも満貫以上を和了るとメチャクチャ距離を稼げるという・・・

でも和了らければ順位としては負けてしまうわけで・・・

どうするのが良いのかというと、大きい手を狙ったほうが良いです。

 

でも他家に先に和了られてしまったら終わってしまうんですよ。

いったいどうしろというのか?

スピードでもなく手の高さだけ?他家の動向を無視して手作りしてたまたま早く和了った人が得をする?変じゃないか?

 

とても中途半端な姿勢を求められる不思議なゲームモードです。

だから私はこのモードで遊ばなくなりました。

 

ジャンナビの他のゲームモードについて

紹介したモード以外にも、グレード戦、オープン戦、チャット対局、プロ対局などがあるのですが、なにしろ「待たされる」ことが多いので、これらのモードで遊ぶ前に私はどうでもよくなってしまいました。

だからどんな感じなのかは私にはよくわかりません。

 

はたから見た感じだけで言えることは、チャット対局は顔見知り同士で盛り上がってる卓があるみたいだということ。

それと、プロ対局に出てくるプロの方は一日にほんの数名っぽい。同じ人の名前ばかり見たように思います。

他はわかりません。

 

ジャンナビの評判

ジャンナビの評判は一言で片付けるなら賛否両論です。

ジャンナビの中にはプレイヤーの日記や掲示板などが存在しているのですが、それらを見ても、web上にあるレビューなどを見ても、ひときわ目立っているとある噂があります。

 

「段位戦などでマッチングするプレイヤーは、人間ではなくハンドルネームを設定されたCPUだ」

 

というものです。

この噂の真偽は私にはわかりませんが、チャット対局には間違いなく人間のプレイヤーがいらっしゃいますし、段位戦で対戦した人とコメント欄で挨拶を交わしたりもしましたので、すべてがCPUということはありません。それは確かです。

ちゃんと人間のプレイヤーもいらっしゃいます。(そりゃそうだ)

 

こんな噂が目立つということは、なかなかマッチングしなかったり、イベントに参加しているプレイヤーのポイントと順位に不自然な部分があるとか、何らかのおかしな部分があるからでしょう。

加えて、冒頭で述べたような不案内な構造などから、運営者への不信感があるからだと思われます。

 

他にも目立つ噂があり、これもちょっと私には真偽を判断できませんが、

 

「牌を不正に操作している」

 

というものです。

私の感じた印象としては、「不自然な裏目ツモや一発ツモが多すぎるなー」というのはありました。

でも麻雀って、そういうことが絶対に無いとは言えないし、私自身のツキの状態がたまたまそうだったかもしれないことも考えられるので、やっぱりはっきりとはわかりません。

 

ジャンナビの雑感とまとめ

さんざん悪い部分を書いてきたので、せめてここではジャンナビの良さげなところにも触れてみようと思います。

 

全体的に見て楽しめそうな部分は、アバターの着せ替えと豊富な称号ぐらいかなと思います。

 

豊富な称号については、様々な条件を満たすことで集めていくコレクター的な楽しみ方ができると思います。私はこの部分には文句はありません。

 

アバターの着せ替えですが・・・

アバターの着せ替えで楽しみたい人は、本来は自由なコーディネイトを楽しみたいのではないかと私は思います。

しかし、イベントのポイントの獲得などにコーディネイトが影響するので、どうしても山盛りのコーディネイトになってしまうし、好みの服や帽子じゃなくても付けないと損をすることになる。

 

ということは、純粋に着せ替えでファッションを楽しむことはできないということですよね。

なんだか本末転倒だと思いますし、ガチャを回させるための仕様なのかなと思います。

 

ああ、ダメですね(^_^;)

褒めようとしてもどうしてもマズイ部分に目がいってしまいます。

このへんにしておきましょうか。

 

私はあまりおすすめしません。

とにかく無駄に待たされてしまうことが致命的です。

私はサクサク快適に遊びたいです。

 

タイトルとURLをコピーしました