やっちまった

トップ目で迎えたオーラスで守りに入ってまくられた。おそらくかまわずに攻めていれば上家に振り込んで私がトップのまま試合が終わったはずだ。

でも目先の点棒を守りにいってしまったがために流局となり、一人ノーテンで3000点とられて次の局で親が満貫を一発ツモで逆転トップ。

ひさしぶりにやっちまったよ(^_^;)

 

ツモの流れから和了れそうにないことはわかったので、立直にベタオリを始めたのが転落の始まりだ。本来の流れなら無かったはずの南4局一本場というチャンスを親に与えてしまったことが敗因と言えるだろう。

素直に振り込んでおけば勝っていた。

 

Mリーグは作業しながらチラ見していたが、どうやら沢崎さんがスゴイみたいですね。

第一回戦で滝沢さんに満貫か何かを振り込んだ時に、「あ、これで瑞原さんと滝沢さんがせめぎ合う感じになるから、その間に沢崎さんが力をためて・・・」などとふと思ったが、まさかあの点棒状況から本当にひっくり返すとは思いませんでした。

たぶん、あそこで沢崎さんが滝沢さんに振り込んでいなかったら、瑞原さんの一方的な流れになっていたんじゃないかな。

まぁ、別に根拠とかあるわけじゃないんですけど、長年の勘やらツキを研究してきた経験則というかね・・・所詮は後付ですが(^_^;)

 

このへんの展開を見た流れに関することは雀鬼の本のどこかに書いてあります。

誰かが一人だけツイてる状態になりそうな時に自分が無理な場合は、2番めに状態が良さそうな人に振り込んで争わせればいいって。で、自分はすこし控えめな感じでしっかり打って力を溜めてチャンスをうかがうと。

どこだったかな?たぶん漫画の「雀鬼様への道」だったと思う。

 

沢崎さんはそういう思考で振り込んだわけではないと思いますが、引かずに攻めたことで自然とそういう形になったんじゃないかなと。

狙っていなくても攻めていればそういう感じの振り込みになることもよくあると思います。

 

まぁ・・・ただ痛かっただけでそのままボロボロになっていくこともありますけどね。

どっちにしろベタオリばかりしてるような人には一生わからないことでしょう。

 

さて、明日からはまたあらためて攻め続けるようにしなくては。

たぶん、金持ち喧嘩せずしてサボっちまったツケが残ってるから、吐き出すなりやりなおすなりしないとね(^_^;)

 

タイトルとURLをコピーしました