(20/01/16)第一ツモの違和感には注意

配牌はMリーグ 2019/12/17 第1試合より引用

(Mリーグルール)
東1局西家の配牌 ドラは2

56799④⑥一六八八南白 ツモ西

私は打一とします。

配牌を見て思うことや第一打の理由

どの色も6を持っているのでそのあたりで面子をつくってあわよくば三色同順という感じ。567を下に伸ばして2面子見てドラまで引けたら最高、④⑥は⑥のほうに注視しつつ1面子、六にくっつけて1面子。456、567、678の三色を見据えつつ手順を進めていきます。

 

第一ツモが西という違和感があるので、この手はもしかしたらまったく違う方向へと進む可能性もあります。たとえば対子の方向だったり、すでに持ってる対子が暗刻になったりするとか、ちょっと困るような感じになるんじゃないかという予感があります。

 

三色になれば満貫あります。ドラを引いても満貫の可能性はあります。でもそううまくあがれるとも思えませんし、うまくいくとしてもそちらは門前の遅い道です。受けの字牌を残しつつ用心深く(ブクブクには絶対にしない)進むほうが良いと思います。

あとがき

満貫になる道がまったくないわけでもないけど、それは厳しそうな感じで安手になりやすそうでしかも門前で遅い。

こういう手でも字牌から切っていくような人がいますが、それはとても迂闊な行動です。

冬の日に特に何も準備せず半袖で歩いて出かけていくようなものなんじゃないかな。

 

寒そうなのがわかってるなら、厚着をするし場合によってはカイロも持っていきたい。途中で休める場所を確保しておけば安心だし、食料と温かい飲み物などもあればなお安心できる。車で出かけるならガソリンのチェックをしておけばまず安心、エアコンがついているなら吹出口とフィルターなどをチェックしておくとベター。雪に備えてタイヤチェーン、万が一の立ち往生のために毛布・・・

とまぁ、そこまで準備しなくてもいいかもしれないけど、まったく準備していない人と比べたら明らかな差がつくというのはおわかりいただけるでしょう(^_^;)

 

記事をお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました