(20/01/19)平和を目指したくなるけど不安をおぼえる配牌

配牌はMリーグ 20/01/13 第1試合より引用

(Mリーグルール)
東1局南家 ドラ 7

2499①③④⑧二五六七東 ツモ⑧

私は打①とします。

配牌を見て思うことや第一打の理由

索子はドラを引いてその辺りで1面子、筒子は③④で1面子、萬子は五六七に四か八を引いて2面子と見る。234の三色同順は次に引いた有効牌が材料(3、②、三、四)でない限りは早々に見切って手を進める。

立直 平和 門前清自摸和 ドラ1に裏か一発で満貫。

ドラが引けるかどうかはもちろんわからないんだけど、平和のみや立直のみになったとしてもかまわない。できれば9を1枚早めに字牌と取りかえて受けとして持っておきたいし、二も三色になる気がないならとっとと捨ててしまいたい。

鳴ける手格好ではなく門前で手が遅い上に安くなりそうなのに、字牌を1枚しか持っていない手牌の状態がヤバイと感じている。だから三色に色気を感じない。

「そんなことやってる場合じゃないよ」って感じかな。

あとがき

順子手が好きで門前志向が強い人は、この配牌をもらっても嬉しいのかもしれないが、私はこの配牌は面白くないどころか不安感しか覚えない。

とにかくあと1枚でいいから字牌を持っていたい。そうじゃないと戦えないような気がしてくるような嫌な配牌に思えます。

もしかしたらですが、配牌からは予想できないような形に変化していくんじゃないですかね(^_^;)

 

記事をお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました