(20/01/25)見えている形にはなりそうにない第一ツモと違和感

配牌はMリーグ 20/01/13 第2試合より引用

(Mリーグルール)

東1局北家 ドラ 一

3456②④⑤四七西白白中 ツモ①

私は打七とします。

配牌を見て思うことや第一打の理由

345と456の三色同順が見えるので、平和方向を見ますが白の対子があるので違和感を感じる形。そして第一ツモにまったく嬉しくない①を引く。

これはすでに見えている形の方向へは伸びずに妙な方向(おそらく対子系か端っこ系)へと進むのではないかと思います。

一応は三色を見ながら手を進めますが、対子が増えていくようなら七対子、もし端っこへと伸びていくのであれば、出来ている面子を壊すことも考えます。あと筒子の色という可能性もあるので、ツモの声に注意深く耳を傾けて方向を見極めようとします。

そう考えると打七もどうかとは思いますが、四は切れないし筒子も手をつけたくない。仕方なく打七という感じです。

 

記事をお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました