麻雀の役のおぼえ方 初心者は簡単な役からおぼよう

この記事では麻雀の役のおぼえ方を説明しています。役の要素を分解してどの部分をおぼえれば良いのかわかりやすく解説しています。

初心者の方は簡単な役だけおぼえたら、麻雀ゲームでどんどん遊んで数をこなすのが良いです。

順を追って説明していきます。

麻雀の役の覚え方は簡単

麻雀は役が無いとあがることができないのでとても重要です。役の条件を完全に覚えて把握することは、上達するためには絶対に必要なことと言えます。

でもそんなに心配しなくても大丈夫です。まずはこちらの図をご覧ください。


初心者の方が役をおぼえる時にどうすれば効率良くおぼえられるのかを全体図にしてみました。

役の条件を完全に覚えるにはそれなりに時間がかかりますが覚えるのは簡単です。

麻雀の役名はすべて漢字ですので、日本人の我々にはその役名の意味や法則性がなんとなくわかると思います。

だから覚えるのはわりと簡単なのです。

「役」を分解してわかりやすく整理

麻雀役の覚え方と言っても、初心者の方はどうすればいいのかよくわからない場合も多いと思います。

まずは何を覚えれば良いのかわかりやすく整理してみましょう。

役の3つの要素

麻雀の役は、「名称」「条件」「飜数」を覚える必要があります。

 

【役の名称】

言葉の通りその役の名前です。われわれ日本人には馴染み深い漢字なのでなんとなく意味もわかるし覚えやすいです。

 

【役の条件】

その役が成立するための条件です。牌の組み合わせで決まっています。それほど難しいことではありませんので頑張って覚えましょう^^

 

【役の飜数】

点数計算をする時に必要になる要素で、大雑把に役の大きさを表す数字と言えます。飜数が大きいほど点数は高くなると考えてください。

初心者はまず名称と条件を覚えましょう

初心者の方はまずは「名称」と「条件」をセットで覚えることに専念するとよろしいでしょう。

それが麻雀初心者の方がまっさきにやるべきことです。

「飜数」については後からでも大丈夫ですので、麻雀が楽しくなってきてからでもOKです。

麻雀の初心者でも簡単にできる役の覚え方

さて、肝心の役の覚え方ですが、役の一覧表を印刷して壁などの目立つ位置に貼っておいて毎日何度も見るという方法がベストです。

デスクトップの壁紙やケータイの待受に設定するのもオススメ。

とにかく何度も何度も! 目で見て! 読んで! 役の「名称」と「条件」を頭に叩き込みます。

 

麻雀ゲームで遊びながら役の一覧表をちょくちょく見て確認すればさらに早く覚えることができます。

慣れてきたら「飜数」も一緒に覚えます。

こちらの記事では初心者さんが役をおぼえる上で便利な役一覧などを紹介しています。

麻雀 役一覧(PDF) 印刷するか壁紙にするだけで役を覚えられる

【麻雀】役の覚え方のコツ

ゲームで遊びながらすこしずつ条件を覚えていくのがコツです。

さきほども触れましたが役の名称は我々にも馴染み深い漢字ですので、なんとなく感覚的に頭に入ってくると思います。

 

ゲームで麻雀をしていれば誰がどの役をあがったのか自動で出るようになっています。

それを見て役の一覧表と照らし合わせて条件をチェックしているだけで自然と覚えられるはずです。

ただ、めったに出現しない役などもあるので、そういうのは興味が湧いてから調べるようにしましょう。

 

コツは「とにかくあがった役の条件をチェックする」ことです。

「誰かがあがった形を見て役の条件をチェックする」

その繰り返しで簡単に覚えられますよ^^

おすすめの無料麻雀ゲーム→『麻雀ゲームの情報』

 

ゲームで遊びながらおぼえる場合は、最低限必要なあがり(アガリ)の形と実戦的な役をいくつか把握すれば十分に遊べます。他は遊びながらすこしずつ理解を深めていけばなんとかなります。

アガリの形をおぼえよう

初心者に一番はじめにおぼえてほしい役3選

あとがき

いかがだったでしょうか?

「長過ぎる」とか「クドイ」とか思った方もいるかもしれません(^_^;)

でも誰にでもわかるような文章を書こうとするとどうしてもこうなります。

 

この記事は「麻雀をやってみたいけどどうすればいいのか全然わかんない」というような方にもわかるように意識して書いています。またちょっとずつ小難しい用語なども登場させています。

これは麻雀だけに言えることではなく他のことにも言えることなのですが、まったく何もワカラナイ状態から何かを始めるということは、かなりの精神的なエネルギーが必要になります。

 

そして始めてから「すこし慣れた状態」になるには、それなりに時間や経験が必要です。

この「すこし慣れた状態」まで行ってしまえば、楽しめるようになってくるので自然と覚えていくのですが、そうなる前につまらなくなって挫折してしまう人も多いんですよね。

誰だってまったく面白くないことをわざわざ好んでやろうとは思いませんからね(^_^;)

だから難しいことは最低限にしたつもりです。

 

しつこい、とか、くどい、とか思った方はご容赦くださいね。重要なことだからこそ何度も書いているのです。けっして無意味に長文にしたわけではありません。

麻雀は複雑なゲームですがあがれるようになってくると楽しくなってきます。ゲームでいっぱい練習して楽しみながら覚えていきましょう^^

記事をお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました