刻子(コーツ)と対子(トイツ)とは?

この記事では麻雀の手作りの基本となる牌の揃え方の「刻子(コーツ)」と「対子(トイツ)」について解説していきます。

「刻子」と「対子」について説明した後には、おなじみの復習クイズを用意しております。簡単ですのでチャチャッと覚えてしまいましょう^^

刻子(コーツ)と対子(トイツ)とは?

同じ数牌で連続した3つの数の順子(シュンツ)に対し、まったく同じ牌3枚の組み合わせ、たとえば 「⑥⑥⑥」 「九九九」「東東東」などのことを「刻子(コーツ)」と呼びます。

順子と同様に同じ種類であることが必要です。

なので 「三③③」や「四④4」のような違う種類の組み合わせは刻子になりません。

 

また、順子では使えなかった字牌ですが、「東東東」や「中中中」のように刻子として使うことができます。

またアガリ形は

のように14枚で作られます。

 

3枚1組のシュンツやコーツが全部で4つで12枚。

するとあと2枚が必要になります。

この2枚は同じ牌を2枚、つまり2枚1組の組み合わせになります。要するにペアですね。

 

たとえば「88」「④④」「白白」などを「対子(トイツ)」と呼びます。

刻子と同じように、数牌も字牌も使うことができます。

次の記事でも解説しますが、麻雀のアガリの形には必ず最低1つの対子が必要で、これを雀頭、またはアタマと言います。

復習クイズ

[問題1]以下のうちコーツはどれ?

[回答]

[問題2]以下のうちコーツはどれ?すべて選べ

[回答]

[問題3] 以下のうちコーツはどれ?

[回答]

[問題4] 55に以下のどの牌を加えるとコーツになる?

[回答]

[問題5] 白白に以下のどの牌を加えるとコーツになる?

[回答]

[問題6] 以下のうちトイツはどれか?

[回答]

[問題7] 以下のうちトイツはどれか?すべて選べ

[回答]

[問題8] 以下のうちトイツはどれか?すべて選べ

[回答]

[問題9] 5に以下のどの牌を加えるとトイツになる?

[回答]

[問題10] 發に以下のどの牌を加えるとトイツになる?

[回答]

お疲れ様でした。次の記事はこちらです。

『アガリの形を覚えよう』

麻雀ルール講座へ戻る場合はこちら

『麻雀ルール講座 初心者でも簡単』

タイトルとURLをコピーしました