待ちの種類を覚えよう

前回の記事で「両面」「嵌張」「辺張」について説明しましたが、これらは語尾に「待ち」をつけて「両面待ち」「嵌張待ち」「辺張待ち」といった使い方もします。

待ちの種類は他にもありますので、本記事で解説していきます。

解説が終わったらおなじみの復習クイズで脳を刺激しましょう。

「シャンポン待ち」と「単騎待ち」

たとえばこんな形の場合

ここに⑧か東が来れば刻子が完成してアガリです。

このようにどちらかの対子の牌を待っているこの形を「シャンポン」と言います。

漢字で書くと「双碰」となりますが、なんだか見たことないような漢字で難しいので「シャンポン」または「シャボ」でおぼえましょう。「シャンポン待ち」「シャボ待ち」などと言って使います。※当ブログでは「シャンポン」で統一表記しています。

 

「シャンポン」は待ち牌が必ず2つになります。

さきほどの例で⑧なら、

東なら

という形になり、どちらかが刻子、もう一方が対子となります。

 

お次はこんな形の場合

これはすでに4面子が完成している形で、あとは雀頭が揃えばアガリになる形です。この手牌では東が来れば雀頭が完成してアガリとなります。

このように対子が完成するのを待つ形を「タンキ」と言います。漢字で書くと「単騎」です。

 

単騎(タンキ)待ちは基本的には1枚を待つ形なのですが、数牌の場合はけっして1枚とは限らない場合があります。

たとえばこんな形の場合です

これだと完成していないのは筒子のこの部分です。

④がくれば ④④⑤⑥⑦

⑦がくれば ④⑤⑥⑦⑦

となって雀頭が完成してアガリとなりますね。これは両面待ちにも見えるかもしれませんが、厳密には単騎待ちです。この形は俗に「ノベタン」と言われますのでなんとなくおぼえておいてください。

 

ここまで待ちの形を紹介してきましたが、これらは基本の形です。

両面(待ち)     2枚

嵌張(待ち)     1枚

辺張(待ち)     1枚

シャンポン(待ち)  2枚

単騎(待ち)     1枚

待ちは2枚が最大になっていますが、実際にはこれらの待ちが複合して3枚以上の待ちになることもあります。

 

たとえばこんな形の場合

待ち牌はどれでしょうか?回答はすこし↓にあります。

回答:二、五、八

この形は萬子以外の部分は完成しています。

 

問題になるのは萬子のこの部分、

これは「三四五」「六七」、または「三四」「五六七」と解釈することができます。前者なら「五」と「八」が待ち、後者なら「二」と「五」が待ちとなるので「二」「五」「八」の3枚が正解となるわけです。

この形は両面待ち2つの複合系でちょくちょく見かけますのでおぼえておきましょう。

 

お次はこんな形の場合

待ち牌はどれでしょうか?回答はすこし↓にあります。

回答:6、9、中

この形は萬子の部分は完成しています。

 

問題になるのは索子と字牌のこの部分、

これは「78」「999」「中中」、または「789」「99」「中中」と解釈することができます。

前者なら両面の「6」と「9」が待ちとなり、後者ならシャンポンの「9」と「中」が待ちとなるので、「6」「9」「中」の3枚が正解となります。

この形は両面とシャンポンの複合系です。

他にも色んな複合系の待ちが存在しますが、3つ以上の待ち牌が存在するものを「多面聴(タメンテン)」と言います。今はなんとなくでいいので頭の片隅にでも入れておきましょう。

復習クイズ

[問題1]

上の手牌の待ち牌をすべてあげてください

[回答]

[問題2]

上の手牌の待ち牌をすべてあげてください

[回答]

[問題3]

上の手牌の待ち牌をすべてあげてください

[回答]

[問題4]

上の手牌の待ち牌をすべてあげてください

[回答]

[問題5]

上の手牌の待ち牌をすべてあげてください

[回答]

[問題6]

上の手牌の待ち牌をすべてあげてください

[回答]

[問題7]

上の手牌の待ち牌をすべてあげてください

[回答]

[問題8]

上の手牌の待ち牌をすべてあげてください

[回答]

[問題9]

上の手牌の待ち牌をすべてあげてください

[回答]

[問題10]

上の手牌の待ち牌をすべてあげてください

[回答]

お疲れ様でした。次の記事はこちらです。

『ゲームの進行について① 「局」「親」「場」』

麻雀ルール講座へ戻る場合はこちら

『麻雀ルール講座 初心者でも簡単』

 

タイトルとURLをコピーしました