強くなりたいなら楽するな 楽すると実は損します

タイトルを見ただけで逃げ出したくなるような方もいるかもしれません(^_^;)

でもあなたが強くなりたいなら読んでみることをおすすめします。

楽をすると一見は得なように思えても、実は損をしてるのかもしれませんよ?

順を追って話していきます。

強くなりたいなら楽して強くなろうとしてはいけない

面倒なことやツライこと、シンドいこと、難しいことなどを自らすすんでやろうとするようじゃないと、真に強くはなれないです。

「表面上は強く見せる」っていうことはいくらかできるんですけど、中身が強くないならそれは本当に強い人達にはすぐバレます。

 

ソーシャルゲームなどもそうですけど、多くの人が安易な方法ばかりを選択していつか強くなれると勘違いしています。

たしかにそういうゲームであれば、課金することでデータ上は強くなりますし、数をこなせば数値上は他人より上になるかもしれません。

でも強くするべきなのは、表面のそこではないんです。

 

中身である心が強くないことには、真の意味で強いとは言えないと思います。

具体的な例をあげてみましょう。

結果はただの結果でしかない

たとえばボクシングで30勝0敗の選手と8勝1敗の選手がいたとしましょう。

これだけの情報でどちらが強いのか判断できるでしょうか?

答えはNOです。

 

30勝していてまだ誰にも負けたことがないならそちらのほうが強そうですが、もし相手が弱い相手ばかりなら強いかどうかわかんないですよね。

ひょっとしたら小学生相手に30勝かもしれないわけですし・・・(鬼畜やw)

8勝1敗のほうも、8勝のうち1勝は世界ランカー2位で、1敗した相手が世界チャンピオンとかだったらかなり強い選手ということになるでしょう。

 

数字とはそういうものです。裏にある情報までは表現してはくれません。

結果というのは、やはり結果でしかないです。

結果である数値だけではなく、経過を見ないことには本当の強さなんて判断できないのです。

 

でも困ったことに今の世の中はこの結果ばかりを大事にする人が非常に多く存在しています。

本当に大事なのは経過のほうなのに、結果ばかりを気にして判断するという妙ちくりんなことがそこかしこで当たり前のように行われているのです。

キツイほうを選ぶほうが得 楽すると実は損をする

経過よりも結果を重視する思考は「楽をする」ということにつながります。

それじゃ強くはなれません。

 

具体的にはどうするかっていうと、楽な道とキツイ道があったら迷わずキツイほうを選ぶようにします。

マゾい?いや、別にキツイことをすることを喜んでるわけじゃないですよ。

こっちのほうがのちのち得になるからそうするだけです。

 

たとえばエスカレーターと階段があったら迷わず階段を選びます。

バスや電車で座るのか立つのかだったら迷わず立ちます。ちなみに私は席がすべて空いていても座りません。

よっぽど具合が悪いような場合はさすがに座るでしょうけど、それはまた話が別ですね。

 

え?麻雀の話じゃないの?

・・・って思いますか?

もちろん麻雀の話ですが、麻雀の時だけキツイほうを選択するっていうのは、実はこれまた無理なんです。

普段の生活から変えていく必要があります。麻雀だけ強くなろうったってそうはいかないんです。

 

楽な方を選んでばかりってことがどういうことなのかよく考えてみましょう。

それは、キツイ方を選ぶことをしないということだから、キツイ方の道を進むための力がまったく鍛えられないということです。

 

さっきの階段や席に座るなどの話で言うと、キツイほうを選ぶと筋肉や精神力が鍛えられるというのがありますが、そうではなく「その行動が当たり前」というのが実は大きな得になるのです。

キツイほうを選び続けてあちこち鍛えられ、それが当たり前になると、

キツイ→どうってことない

ということになります。

 

そして楽を選ぶ人は、キツイのはキツイままです。

だって鍛えないんだからそりゃそうですよね(^_^;)

 

もし停電などでエスカレーターが使えない場合はどうなりますか?

もし席が空いてなかったらどうなりますか?

階段、立つというキツイほうを選ぶしかないですから、それを不満に感じてしまうということになります。

 

しかもこれずーっとですからね?

キツイほうを積極的に選び続けて「どうってことない」になるまで鍛えた人は、不満に思うことはなくなっています。この分が得になるということです。

 

いかがですか?楽すると損ということになるでしょう?(^_^;)

あとがき

以前の自分は良い牌をツモってくる力がとても弱かったのですが、生活態度を変えてしばらくしたら改善されていきました。

どう変えたかってさっき上に書いたようなことを始めたんです。

面倒なことを自分から積極的にやるようにしたり、あえてキツイ選択肢を選ぶということを可能な範囲でやっていきました。

 

最初のうちはキツイとか面倒という気持ちがあるのですが、慣れていくうちにそれはいつのまにか消え失せ、当たり前の習慣のようになっていきました。

そして、だんだんわかってくるんです。

楽な方ばかりを選択する人達のだらしなさだったり、心の余裕の無さなどがよく見えてくるようになっていきます。

 

生活も変化しましたし、麻雀も変化していきました。

ツモる力がアップしたのは意外な成果でしたが、これは「他力とかラッキーをあてにしない」という意識が自分の中に根付いたからじゃないかなと思ってます。

 

記事をお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました