麻雀の読み

ゆる読み

不要牌と関連牌

この記事では不要牌と関連牌について具体例をあげて説明しています。 河の見方、読みを理解する上で必要になる知識です。 ※関連記事→麻雀の河の見方 具体例をあげて説明していきますが、その前にすこし注釈をつけさせていただ...
ゆる読み

麻雀の河の見方 基本的な考え方をわかりやすく解説

この記事では麻雀の河(捨て牌)の見方について基本的な考え方をわかりやすく解説しています。 ※この記事では「当たり牌を読む」の前の段階である「役読み」のための河の見方を主に説明しています。 麻雀の河の見方 麻雀の河(捨て牌)の見方は...
ゆる読み

【麻雀】役読みの問題集 1~15

麻雀の役読みの問題集です。 3副露と2副露の牌姿を見てどんな役が考えられるか?どのゾーンや牌が危険となるのか? また捨て牌と合わせてどう考えるのが良いのかなどについても触れています。 まだ日の浅い麻雀初心者の方がすこしでも...
ゆる読み

麻雀の役読み 初心者は3副露から始めよう

この記事は麻雀の役読みについて初心者の方向けに書いたものです。捨て牌読みではなく、3副露(または2副露)した形から役読みをするというのを例をあげてやっていきます。麻雀初心者の方が読んで「読みはどうやるのか?」というのが、なんとなく理解できるように考えて作りました。
ゆる読み

ゆる読みのやり方

この記事ではゆる読みの具体的なやり方について解説しています。 ゆる読みをするのに必要な意識、役読みを重視することについて書きました。 ゆる読みのやり方の概要 致命打をかわすことが目的ですので、致命打となりうる部分に意識を向けること...
ゆる読み

ゆる読みについて

この記事では「ゆる読み」についての考えをまとめています。麻雀の攻防は様々な要素があり複雑ですが、強い人は自分なりの基準を持っていてバランスをとっているものです。バランスをとる上で「ゆる読み」がかなり有効なのではないかと思ったので、その理由と考え方などを順を追って説明しています。
麻雀の読み

手出しとツモ切り

麻雀の打牌は手出しとツモ切りに分けることができます。他家が打牌する時にどちらだったのかをよく見ておくと、相手の手配を読む上で有用な情報となります。 でも初心者のうちはそこまで見る余裕はありませんし、見ただけで役に立つわけでもありません...
麻雀の読み

視点の話③ 文章化したセリフを活用する

この記事は視点の変化の応用編です。前の記事で文章化したセリフを最大限に活用する方法を説明していきます。 というか、実はもうほとんどこれまでの記事でやり方は説明したんですよ。 「視点を変えて捨て牌を文章化するくせをつける」...
麻雀の読み

視点の話② 文章化を意識する

前の記事で視点の話をしましたが、この記事ではさらに深いところまで説明していきます。 「視点を変えることは誰もが自然とやっている」 「文章化の極意」 「似たようなものにも流用できる」 この3本立てでいきます。 ...
麻雀の読み

視点の話①と例の続き

「視点の話」と題しまして視点を変化させる手法について説明していきます。これは麻雀だけでなく他のジャンルでも応用がきく考え方で、しっかりと理解すると色々な場面で役立つ考え方です。 複雑な情報を扱いやすくしたり、範囲を広げたりする手法をざ...
タイトルとURLをコピーしました